お知らせ 商品検査センターからのお知らせです。

放射性物質検査結果について 3月6日

2月20日~2月27日に、検査した品目はすべて「検出せず」という結果です。

今年も春の訪れを告げるいかなご漁が始まりました。解禁日となる2月27日に入荷した「いかなご(新子)」について検査しましたので速報でお知らせいたします。
コープスのシーフードミックスは、震災後の津波の影響で加工業者が被災し、全壊したため、長らく供給を中止していました。このたび、大きな被害をまぬがれた別工場が再建したことで、供給再開に向け準備を進めています。
製造環境については、総合品質保証室の職員が出向き、問題ないことを確認しています。商品の安全性については検査センターで検査を実施しました。
「米ぬか」は玄米に比べて放射性セシウムの濃度が高い傾向にあります。そこで、念のため取り扱いの「米ぬか」について検査しています。

検査品目と結果はこちらから
※検査は、対象とする食品のなかから一部のサンプルを抜き取って実施しています。
※検査項目:放射性ヨウ素131、放射性セシウム134、137
※検出限界:20Bq(ベクレル)/kg程度(商品特性によって変わります)。検出限界未満は「検出せず」と表示します。



oshirase20120306-1.jpg

「いかなご」の検査は、解禁日の2月27日に実施しました。



oshirase20120306-2.jpg東日本大震災で被災した「コープスシーフードミックス」の原料加工工場(岩手県釜石)が操業を開始し、取り扱い再開にあたっての検査を行いました。


oshirase20120306-3.jpg冷凍のままフードプロセッサーにかけ、U8(100ml)容器に均質に入れます。



コープこうべでは、毎週検査結果を店舗の掲示板やコープこうべホームページでお知らせしています。
コープこうべの放射性物質検査の取り組みについてはこちらから