お知らせ 商品検査センターからのお知らせです。

放射性物質検査結果について 3月15日

3月5日~3月10日に、検査した品目はすべて「検出せず」という結果です。

「米ぬか」は玄米に比べて放射性セシウムの濃度が高い傾向にあります。これから旬を迎える「たけのこ」のあく抜き用として利用する機会が増えることから、あく抜き用の米ぬかについて検査しました。
また、牛肉は定期的に検査を行っています。

検査品目と結果はこちらから
※検査は、対象とする食品のなかから一部のサンプルを抜き取って実施しています。
※検査項目:放射性ヨウ素131、放射性セシウム134、137
※検出限界:20Bq(ベクレル)/kg程度(商品特性によって変わります)。検出限界未満は「検出せず」と表示します。



oshirase20120314-1.jpg「米ぬか」の検査を行いました。「たけのこ」のあく抜き用として使われます。



oshirase20120314-4.jpg
         移染を防ぐために、マリネリ容器の外側もポリ袋で覆います。





oshirase20120314-5.jpgコープス・フードプランの牛肉の十勝清水牛、鹿児島和牛について、固体識別番号に沿って検査しました。




oshirase20120314-3jpg.jpg「水出し緑茶」の原材料の検査を行いました。


コープこうべでは、毎週検査結果を店舗の掲示板やコープこうべホームページでお知らせしています。

コープこうべの放射性物質検査の取り組みについてはこちらから