お知らせ 商品検査センターからのお知らせです。

放射性物質検査結果について 12月21日

12月10日~14日に、検査した品目はすべて「検出せず」という結果です。

クリスマスにご利用の増える鶏肉・フライドチキンや、ケーキ材料の小麦粉・バター・ホイップクリームの検査を実施しています。 また、プリンやロールケーキなど乳製品を原料としたおやつについて確認しています。 そのほか、迎春用和牛やハムなどの加工品についても検査しました。

 

検査品目と結果はこちらから

 

※検査は、対象とする食品のなかから一部のサンプルを抜き取って実施しています
※検査項目:放射性セシウム134・137
※「検出せず」とは、「量の測定が可能な最小値を下回っている」ことをあらわします
※検出限界:放射性セシウム134・137それぞれについて、飲料水1ベクレル/kg、牛乳5ベクレル/kg、乳児用食品5ベクレル/kg、一般食品10ベクレル/kg
※検査方法
Ge:ゲルマニウム半導体検出器。厚生労働省の「食品中の放射性セシウム試験法」に基づくゲルマニウム半導体検出器を使用した検査法
Nal:Nalシンチレーション検出器。厚生労働省の「食品中の放射性セシウムスクリーニング法」に基づくNalシンチレーションスペクトロメータを使用

 

 

 

 

20121203COOPデザートホイップ.jpg

クリスマスケーキに欠かせない、ホイップクリームの検査をしました。

 

 

 

20121213迎春用和牛 002.jpg

迎春用のごちそう、和牛サーロインステーキやヘレステーキの検査もしました。

 

 

 

20121210群馬県産ちぢみほうれん草.JPG

群馬県産ちぢみほうれん草。
霜に何度もあたることで甘みが強く、身が詰まったほうれん草になります。
おひたしや味噌汁のほか、生でもおいしくいただけます。

 

 

 

20121210埼玉県産霜降りはくさい 002.jpg

こちらも寒い時期限定の埼玉県産霜降り白菜。

刻んで2リットルのマリネリ容器に詰めて検査しました。
葉がやわらかく、甘くてとてもおいしい白菜です。

 

 

 

ゲルマニウム半導体検出器とNaIシンチレーション検出器についてはこちらから




コープこうべでは、毎週検査結果を店舗の掲示板やコープこうべホームページでお知らせしています。
コープこうべの放射性物質検査の取り組みについてはこちらから