お知らせ 商品検査センターからのお知らせです。

放射性物質検査結果について  5月2日

4月23日~4月27日に、検査した品目はすべて「検出せず」という結果です

牛乳・乳飲料や乳製品については、コープス以外の商品についても、定期的な確認を行っています。
また、農産物については、季節によって産地が変動します。今後、関東方面からの入荷が増えてきます。取り扱いにあたっては、事前に検査を実施し安全性の確認を行った上で決定しています。
産地の状況や入荷のスケジュールなど、仕入れ担当者と充分に連携をとりながら計画的に検査を進めていきます。


検査品目と結果はこちらから

※検査項目:放射性セシウム134・137
※検出限界:放射性セシウム134・137それぞれについて、飲料水1ベクレル/kg、牛乳5ベクレル/kg、乳児用食品5ベクレル/kg、一般食品10ベクレル/kg

※検査は、対象とする食品のなかから一部のサンプルを抜き取って実施しています
※「検出せず」とは、「量の測定が可能な最小値を下回っている」ことをあらわします


oshirase20120502-1.jpgデラウェア(山梨県産)の検査を行いました。


oshirase20120502-4.jpg皮ごとミルサーにかけ、U8(100ml)容器に詰めました。
移染を防ぐために、ポリ袋に入れます。

oshirase20120502-2.jpg千葉県産の真さばが届きました。


oshirase20120502-3.jpg
流水で洗い、3枚におろしたものを柵切りにし細かくしたものを、フードプロセッサーにかけます。
ゲルマニウム半導体検出器に入れるまでの前処理に手間がかかります。




コープこうべでは、毎週検査結果を店舗の掲示板やコープこうべホームページでお知らせしています。

新基準施行に伴うコープこうべの放射性物質検査の取り組みについてはこちらから