お知らせ 商品検査センターからのお知らせです。

放射性物質検査結果について 10月17日

10月8日~13日に、検査した品目はすべて「検出せず」という結果です

今週も「冬ギフト」を中心に検査を行いました。水産品をメインに確認しています。また、加工品は牛乳や水産物を原料とした商品を重点的に行っています。
六甲アイランド食品工場生産品についても検査しています。国産大豆、国産小麦など国内で収穫された原料については収穫年度が変更になった時期に原料で検査します。
その他、利用頻度が高く、食べる量の多い「食パン類」、「麺類」については主力商品を製品で検査しています。

検査品目と結果はこちらから
※検査結果は随時最新版に更新されます
※検査は、対象とする食品のなかから一部のサンプルを抜き取って実施しています
※検査項目:放射性セシウム134・137
※「検出せず」とは、「量の測定が可能な最小値を下回っている」ことをあらわします
※検出限界:放射性セシウム134・137それぞれについて、飲料水1ベクレル/kg、牛乳5ベクレル/kg、乳児用食品5ベクレル/kg、一般食品10ベクレル/kg
※検査方法
Ge:ゲルマニウム半導体検出器。厚生労働省の「食品中の放射性セシウム試験法」に基づくゲルマニウム半導体検出器を使用した検査法
Nal:Nalシンチレーション検出器。厚生労働省の「食品中の放射性セシウムスクリーニング法」に基づくNalシンチレーションスペクトロメータを使用




oshirase20121010-3.jpg冬ギフト商品の北海しまえび(北海道産)です。えびの皮を取る作業を2人がかりで行います。




oshirase20121010-6.jpgフードプロセッサーにかけます。





oshirase20121010-4.jpgできるだけ均質になるように容器に詰めます。





oshirase20121017-1.jpgこちらも冬ギフト商品で、ほたて(北海道産)をフードプロセッサーに入れています。





oshirase20121017-2jpg.jpgかきの美味しい季節になりました。コープス兵庫県産一年生かき(加熱用)の検査を行いました。





oshirase20121017-3.jpg食品工場生産品のコープスのど越し自慢和そば、コープス本格鉄板焼きそば、コープス味わいうどんの検査を行いました。




ゲルマニウム半導体検出器とNaIシンチレーション検出器についてはこちらから





コープこうべでは、毎週検査結果を店舗の掲示板やコープこうべホームページでお知らせしています。
コープこうべの放射性物質検査の取り組みについてはこちらから