お知らせ 商品検査センターからのお知らせです。

放射性物質検査結果について 12月13日

12月3日~7日に、検査した品目はすべて「検出せず」という結果です。

新米の収穫が終わり、加工品の原料も切り替わりの時期に来ています。お正月に向けて利用が高まる「おもち」やレトルト粥、ごはんといった、米を利用した加工品を検査しています。
そのほか、幼児向けのソーセージやチキンナゲット、乳飲料などを検査しました。

 

検査品目と結果はこちらから

※検査は、対象とする食品のなかから一部のサンプルを抜き取って実施しています
※検査項目:放射性セシウム134・137
※「検出せず」とは、「量の測定が可能な最小値を下回っている」ことをあらわします
※検出限界:放射性セシウム134・137それぞれについて、飲料水1ベクレル/kg、牛乳5ベクレル/kg、乳児用食品5ベクレル/kg、一般食品10ベクレル/kg
※検査方法
Ge:ゲルマニウム半導体検出器。厚生労働省の「食品中の放射性セシウム試験法」に基づくゲルマニウム半導体検出器を使用した検査法
Nal:Nalシンチレーション検出器。厚生労働省の「食品中の放射性セシウムスクリーニング法」に基づくNalシンチレーションスペクトロメータを使用

 

 

 

 

 20121206白がゆ ごはん 001.jpg

 コープス味わい白がゆは、U8容器という小さな容器に詰めて検査しました。

フードプラン特別栽培米(兵庫県産こしひかり)を使用した、やさしい味わいのおかゆです。

 

  

 

20121206CS千葉産ピーナツ.jpg

コープス千葉産ピーナツは、皮付きと皮むきの2種類があり、それぞれ
2リットルのマリネリ容器に詰めて検査しました。
香ばしいにおいが検査室中に広がりました。

 

 

20121205芽キャベツ 003.jpg

静岡県産芽キャベツです。
放射能検査担当S君曰く、「芽キャベツって、キャベツの赤ちゃんでしょ?」
実は、芽キャベツはキャベツと同じアブラナ科ですが、キャベツの赤ちゃんではないんです。
残念!S君

 

 

20121203レッドキャベツ 006.jpg

こちらは赤紫色が鮮やかな、静岡県産レッドきゃべつ。コールスローにすると美味しいです。
ザクザク切って、2リットルのマリネリ容器に詰めて検査しました。

 

 

 

ゲルマニウム半導体検出器とNaIシンチレーション検出器についてはこちらから




コープこうべでは、毎週検査結果を店舗の掲示板やコープこうべホームページでお知らせしています。
コープこうべの放射性物質検査の取り組みについてはこちらから