お知らせ 商品検査センターからのお知らせです。

放射性物質検査結果について 1月18日

1月9日~14日に、検査した品目はすべて「検出せず」という結果です。

卵についてコープスを中心に重点的に検査しました。卵は牛乳と同じくお子さんが食べる機会が多く問い合わせの多い食材のひとつです。卵の産地は全て西日本ですが、飼料(餌)の影響を心配されているようです。
水産ものでは「いわし」を検査しました。節分で取り扱いを予定しているものを対象に加工品原料も含め確認しました。


検査品目と結果はこちらから
※検査は、対象とする食品のなかから一部のサンプルを抜き取って実施しています。
※検査項目:放射性ヨウ素131、放射性セシウム134、137
※検出限界:20Bq(ベクレル)/kg程度(商品特性によって変わります)。検出限界未満は「検出せず」と表示します。



oshirase20120118-1.jpg
oshirase20120118-2.jpg卵は1回の検査(1アイテム)に40個必要です。総数13アイテム×40個=520個。ひたすら割って溶きます。パティシエのごとく・・・。


oshirase20120118-3.jpg節分用いわしは、宮城県沖の真いわしをはじめ、塩いわし、若干し、丸干、いわし塩焼き、と多種類です。可食部分を手前のU8容器に詰めて検査にかけます。

 

 

oshirase20120118-4.jpgきのこ類も問い合わせの多い商品のひとつです。生しいたけは表面の汚れをふき取り、石づきをとりスライスしたものをさらにフードプロセッサーで均一化します。

 

oshirase20120118-5jpg.jpgコープス商品の旨みたっぷりぶなしめじやコープスしゃっきりえのき茸についても検査を実施しました。



コープこうべでは、毎週検査結果を店舗の掲示板やコープこうべホームページでお知らせしています。
コープこうべの放射性物質検査の取り組みについてはこちらから