お知らせ 商品検査センターからのお知らせです。

放射性物質検査結果について 4月4日

3月26日~3月30日に、検査した品目はすべて「検出せず」という結果です。

コープスの牛乳については定期的な検査を実施しています。牛乳は子供さんの飲む量が多く、またそのほとんどが国内で生産されているということもあり、関心の高い食品です。
4月1日から施行の「新基準」でも乳児用食品と同様に特別な区分として50ベクレル/kgという厳しい基準が適用となっています。  
2012年度についても引き続き定期的な検査を継続していきます。


検査品目と結果はこちらから

 
※ 検査項目:放射性セシウム(134・137)
放射性ヨウ素は半減期が短く、検出されることがなくなったため表示していませんが検査による監視は継続しています。
※ 検出限界値はセシウム134・137それぞれについての値です。 検出限界未満は「検出せず」と表示します。表示の検出限界を目安とします(商品特性によって多少変わります)。



oshirase20120403-6.jpg先週に引き続き魚肉練り製品の検査を実施しました。
コープス商品「うす塩仕立て鱧入りちくわ」と「シーサラダスティックタイプ」


oshirase20120403-7.jpgフードプロセッサーにかけ細かくします。


oshirase20120403-9.jpg容器に入れ、ゲルマニウム半導体検出器で3600秒(1時間)かけて測定します。



oshirase20120403-.jpgアールスメロン(静岡県産)の検査を行いました。皮をむくのが大変です。


oshirase20120403-3.jpgカットしたメロンをミキサーに入れます。

oshirase20120403-4.jpgミキサーにかけ、液状にします。

 

oshirase20120403-1.jpgさくらんぼ(長野県産)の検査を行いました。可食部分を検査するため、花柄(かへい)と種を取ります。





コープこうべでは、毎週検査結果を店舗の掲示板やコープこうべホームページでお知らせしています。

コープこうべの放射性物質検査の取り組みについてはこちらから