お知らせ 商品検査センターからのお知らせです。

放射性物質検査結果について 3月29日

3月19日~3月24日に、検査した品目はすべて「検出せず」という結果です。

精肉(牛、豚、鶏)の検査を定期的に実施しています。
昨年、肉牛に餌として与えた稲わらの一部が、放射性セシウムに汚染されていたことからそれらを給餌された牛肉から暫定規制値を超えて放射性物質が検出されるという事態が判明しました。
以降、コープこうべでは定期的に畜産品(精肉)の検査を行っています。
また、検査の実施だけでなく、餌の管理についても取引先と情報交換をするなど管理状況の確認も行いながら商品仕入れをしています。


検査品目と結果はこちらから
※検査は、対象とする食品のなかから一部のサンプルを抜き取って実施しています。
※検査項目:放射性ヨウ素131、放射性セシウム134、137
※検出限界:20Bq(ベクレル)/kg程度(商品特性によって変わります)。検出限界未満は「検出せず」と表示します。



oshirase2012032902jpg.jpg鶏肉は、コープスフードプラン鶏肉(山口県産)、コープス健康熟成鶏(徳島県産)、桜島どり(鹿児島県産)について検査しました。


oshirase20120329-3.jpg

できるだけ細かく切り、均質になるようU8容器(100ml)に詰めます。



oshirase20120329-4.jpg

ふきのとう(秋田県産)の検査をしました。


oshirase20120329-5.jpg
細かく刻むと、独特の香りがし春の息吹が検査室に広がります。

 

コープこうべでは、毎週検査結果を店舗の掲示板やコープこうべホームページでお知らせしています。

コープこうべの放射性物質検査の取り組みについてはこちらから