お知らせ 商品検査センターからのお知らせです。

放射性物質検査結果について 4月18日

4月9日~4月14日に、検査した品目はすべて「検出せず」という結果です

4月1日に施行された新基準では、「牛乳・乳製品」は50Bq/kgとなりました。
今回は、お子さんが飲む機会の多い牛乳について検査をしています。
そのほか、コープスの精肉(牛肉、豚肉、鶏肉)や、水産加工品についての検査を実施しました。
牛肉の商品名の後に記載した(1)~(2)は、それぞれ異なる牛である(個体識別番号が違う)ことを示しています。

検査品目と結果はこちらから
※検査項目:放射性セシウム134・137
※検出限界:それぞれ飲料水1ベクレル/kg、牛乳5ベクレル/kg、乳児用食品5ベクレル/kg、一般食品10ベクレル/kg

※検査は、対象とする食品のなかから一部のサンプルを抜き取って実施しています
※「検出せず」とは、「量の測定が可能な最小値を下回っている」ことをあらわします

 

oshirase20120418-1.jpgギフトのスモークサーモンの検査を行いました。


oshirase20120418-2.jpgアメリカ産で加工工場が千葉県です。

oshirase20120418-3.jpg

フードプロセッサーで細かくしたものを、容器に詰めます。

 

oshirase20120418-4.jpg先週に引き続き、新基準値に対応するためのペットボトル容器入り緑茶飲料の検査を行いました。



コープこうべでは、毎週検査結果を店舗の掲示板やコープこうべホームページでお知らせしています。

新基準施行に伴うコープこうべの放射性物質検査の取り組みについてはこちらから