お知らせ 商品検査センターからのお知らせです。

放射性物質検査結果について 4月26日

4月16日~4月20日に、検査した品目はすべて「検出せず」という結果です

コープスの牛乳については、毎月定期的に検査をしています。
そのほか、水産加工品についての検査を実施しました。塩さばについては、加工者の異なるものを2種類検査しています。
関東以北沿岸で漁獲された水産品については今後も確認を行っていきます。
牛肉の商品名の後に記載した(1)~(2)は、それぞれ異なる牛である(個体識別番号が違う)ことを示しています。


検査品目と結果はこちらから
※検査項目:放射性セシウム134・137
※検出限界:それぞれ飲料水1ベクレル/kg、牛乳5ベクレル/kg、乳児用食品5ベクレル/kg、一般食品10ベクレル/kg

※検査は、対象とする食品のなかから一部のサンプルを抜き取って実施しています。
※「検出せず」とは、「量の測定が可能な最小値を下回っている」ことをあらわします。


組合員の関心の高い水産品の検査を実施しました。
oshirase20120426-1.jpg

CSかつおのたたき


oshirase20120426-2.jpg
蒸しほたて(北海道産)


oshirase20120426-3jpg.jpgコープスフードプラン宇和清海育ち活〆鯛(愛媛県)


oshirase20120426-4.jpg皮をはぎ、3枚におろし短冊にしてさらに細かくするためにフードプロセッサーにかけます。


oshirase20120426-5.jpg今が旬のあさり(熊本県産)です。

oshirase20120426-6.jpg左から、かつおたたき、蒸しほたて、いわし、鯛、あさりを容器に詰めたもの。
この状態にして、一つずつゲルマニウム半導体検出器に入れ測定します。




oshirase20120426-08.jpgなす(群馬県)も出荷シーズンになってきました。




コープこうべでは、毎週検査結果を店舗の掲示板やコープこうべホームページでお知らせしています。

新基準施行に伴うコープこうべの放射性物質検査の取り組みについてはこちらから