お知らせ 商品検査センターからのお知らせです。

放射性物質検査結果について 5月17日

5月7日~5月12日に、検査した品目はすべて「検出せず」という結果です

牛肉、豚肉、鶏肉などの畜産物については、昨年の「稲わら問題」を受けて定期的な確認を継続しています。
「稲わら問題」とは、高濃度の放射能に汚染された稲わらを餌に与えたために、牛肉が汚染されたものです。餌の管理が重要であるため、コープこうべで取り扱う肉類は取引先とのコミュニケーションを大切に、肥育時の管理状況も確認しています。

5月25日~27日、東日本大震災で大きな被害を受けられた東北地方を応援するため、コープの各店舗で「東北絆フェア」を計画しています。組合員のみなさまに安心してご利用いただけるように、取り扱い予定の商品は事前に放射能検査による確認を行っています。


検査品目と結果はこちらから
※検査項目:放射性セシウム134・137
※検出限界:放射性セシウム134・137それぞれについて、飲料水1ベクレル/kg、牛乳5ベクレル/kg、乳児用食品5ベクレル/kg、一般食品10ベクレル/kg

※検査は、対象とする食品のなかから一部のサンプルを抜き取って実施しています
※「検出せず」とは、「量の測定が可能な最小値を下回っている」ことをあらわします。



oshirase20120517-1.jpg秋田県産のアスパラガスです。


oshirase20120517-2.jpg約1cm幅に切り、マリネリ容器に詰めます。硬いので切るのが大変です。


oshirase20120517-3.jpgわさび(静岡県産)の検査を行いました。


oshirase20120517-4jpg.jpgフードプロセッサーにかけました。わさびのツーンとした香りに奮闘しながら容器に詰めます。


oshirase20120517-5.jpgチンゲンサイ(静岡産)をマリネリ容器に詰めています。均一に詰めないと正確な値が出ません。



oshirase20120517-6jpg.jpg5/25~の東北フェアーでの取り扱い商品、秘伝豆(岩手県、山形県)の検査を行いました。その他にも、笹かまぼこ、旨みだし、ゆべし、りんごパイなど取り扱い前の確認検査を実施しました。




コープこうべでは、毎週検査結果を店舗の掲示板やコープこうべホームページでお知らせしています。

新基準施行に伴うコープこうべの放射性物質検査の取り組みについてはこちらから