お知らせ 商品検査センターからのお知らせです。

放射性物質検査結果について 5月9日

4月30日~5月5日に、検査した品目はすべて「検出せず」という結果です。

「卵」については、牛乳や乳製品同様に、使用頻度が高く、小さな子供さんが食べる機会も多いことから、定期的に検査しています。
また、農産物については、関東方面からの作物を中心に検査を実施しました。なお、コープスフードプランのうらごしかぼちゃは、離乳食としての利用もお勧めしていることから「乳児用食品」と位置づけ、5ベクレル/kgの検出限界で測定しました。
そのほか、月末に企画している東北フェアーの商品について、取扱い前の確認検査を行っています。


検査品目と結果はこちらから
※検査は、対象とする食品のなかから一部のサンプルを抜き取って実施しています。
※検査項目:放射性セシウム134・137
※「検出せず」とは、「量の測定が可能な最小値を下回っている」ことをあらわします。
※検出限界:それぞれ飲料水1ベクレル/kg、牛乳5ベクレル/kg、乳児用食品5ベクレル/kg、その他の食品(一般食品)、10ベクレル/kg飲料水


oshirase20120509-1.jpg
「コープスうまみ赤たまご」「コープスみんなの白たまご」「コープス平飼いたまご」などコープス商品のたまご14品目についての検査を行いました。



oshirase20120509-2.jpg「コープスフードプランうらごしかぼちゃ」(北海道産)のパッケージ。乳児用食品の基準で検査しました。


oshirase20120509-3jpg.jpgセロリ(静岡県産)の検査を行いました。



oshirase20120509-4.jpgオトメメロン(茨城県産)は4玉皮をむき、カットしたものを大型ミキサーにかけます。


oshirase20120509-5.jpg5月25日東北フェアーでの取り扱い商品「ずんだもち」(山形県)の検査を行いました。


oshirase20120509-6jpg.jpgフードプロセッサーにかけたものを容器に詰めて、ゲルマニウム半導体検出器で測定します。その他の東北フェアー取り扱い予定のアップルジュース、牛タンシチュー、鯖水煮なども検査を行いました。


コープこうべでは、毎週検査結果を店舗の掲示板やコープこうべホームページでお知らせしています。

新基準施行に伴うコープこうべの放射性物質検査の取り組みについてはこちらから