お知らせ 商品検査センターからのお知らせです。

放射性物質検査結果について 7月11日

7月2日~7日に、検査した品目はすべて「検出せず」という結果です

ギフト商品のうち、水産品を集中して検査しています。
うなぎは土用丑前に確認しています。蒲焼原料のうなぎは養殖であり、養殖する地域、加工地共に西日本ですが、餌からの汚染を心配される声もあることから検査で確認をしました。
その他、農産品は関東からの出荷が多いメロンや長なすなどを検査しています。
     
  

検査品目と結果はこちらから
※検査は、対象とする食品のなかから一部のサンプルを抜き取って実施しています。
※検査項目:放射性セシウム134・137
※「検出せず」とは、「量の測定が可能な最小値を下回っている」ことをあらわします。
※検出限界:それぞれ飲料水1ベクレル/kg、牛乳5ベクレル/kg、乳児用食品5ベクレル/kg、その他の食品(一般食品)、10ベクレル/kg飲料水
※検査結果は随時最新版に更新されます





oshirase20120711-1jpg.jpg

夏ギフト商品のコープス和鰻(宮崎県産、鹿児島県産 加工地:和歌山)5品目の検査を実施しました。




oshirase20120711-2.jpg

フードフードプロセッサーにかけ、U8容器(100ml)に詰めます。


oshirase20120711-6.jpg夏ギフト商品のボイル毛がに(北海道)です。 カニの身とカニみそを取りフードプロセッサーをかけます。




oshirase20120711-4.jpg右側が「時鮭」5月から7月頃にかけて三陸沖や北海道沖で捕れるサケ(シロザケ)のこと、旬の秋と時期が違うので「時知らず」と呼ばれることもあります。 左側が紅鮭。これも夏ギフト商品です。




oshirase20120711-5.jpg骨を除き、皮と身をフードプロセッサーにかけU8容器(100ml)に詰めます。




oshirase20120711-3jpg.jpgその他、3色海鮮丼(北海道産)や松前漬けなど夏ギフト商品・水産品の取り扱い確認検査を行いました。




oshirase20120711-8.jpg7月5日(木)、商品検査センターにて「新基準に対応した食品に含まれる放射性物質自主検査」の説明会を開催。報道機関9社が参加しました。





コープこうべでは、毎週検査結果を店舗の掲示板やコープこうべホームページでお知らせしています。
コープこうべの放射性物質検査の取り組みについてはこちらから