お知らせ 商品検査センターからのお知らせです。

放射性物質検査結果について 7月5日

6月25日~30日に、検査した品目はすべて「検出せず」という結果です

東北の地域は、さくらんぼや桃、メロンなど特産品が多く、従来より取り扱いのあった産地です。
シーズン取り扱い前の確認をしています。
また、コープス・コープ商品の牛乳や乳製品の定期検査を行っています。



検査品目と結果はこちらから
※検査項目:放射性セシウム134・137
※検出限界:放射性セシウム134・137それぞれについて、飲料水1ベクレル/kg、牛乳5ベクレル/kg、乳児用食品5ベクレル/kg、一般食品10ベクレル/kg
※検査は、対象とする食品のなかから一部のサンプルを抜き取って実施しています
※「検出せず」とは、「量の測定が可能な最小値を下回っている」ことをあらわします
※検査結果は随時最新版に更新されます



oshirase20120704-6.jpgアムさんメロンは、青森県の特産品です。その不思議な響きの名前の由来は、アムスは「アムスメロン」をベースに品種改良されたものから、「さん」は、成熟期に果皮が緑色から黄褐色になるのを、太陽の色になぞらえて名付けられたとの事です。

oshirase20120704-1.jpg大きく分厚いので皮をむくのも一仕事です。



oshirase20120707-2.jpgとうもろこし(群馬県産)は、包葉とひげを取り、そいだ粒だけをマリネリ容器につめます。




oshirase20120704-4.jpg
実えんどう(福島県産)は、3人がかりでさやから実をだしました。


oshirase20120704-5.jpg2ℓのマリネリ容器をいっぱいにするには、結構時間がかかります。

 

コープこうべでは、毎週検査結果を店舗の掲示板やコープこうべホームページでお知らせしています。
コープこうべの放射性物質検査の取り組みについてはこちらから