お知らせ 商品検査センターからのお知らせです。

放射性物質検査結果について 8月1日

7月23日~28日に、検査した品目はすべて「検出せず」という結果です

コープス・コープ商品の牛乳や乳製品の定期検査を行っています。

牛乳や乳製品は、日常的に利用の多い商品なので、毎月確認を行っています。 自主検査を開始してからこれまでに、放射性物質が検出された事例はありませんが、今後も継続して確認していきます。
この時期、長野県からの農産物が増えてきます。果物類も例年取り扱いのある産地のものです。 いずれも取り扱い前の確認を行いました。


検査品目と結果はこちらから
※検査項目:放射性セシウム134・137
※検出限界:放射性セシウム134・137それぞれについて、飲料水1ベクレル/kg、牛乳5ベクレル/kg、乳児用食品5ベクレル/kg、一般食品10ベクレル/kg

※検査は、対象とする食品のなかから一部のサンプルを抜き取って実施しています
※「検出せず」とは、「量の測定が可能な最小値を下回っている」ことをあらわします
※検査結果は随時最新版に更新されます


oshirase20120801-1.jpg
福島県産のももが届きました。



oshirase20120801-2.jpg
可食部分を検査するので、洗って皮をむき種を取ります。



oshirase20120801-3.jpgマリネリ容器に均一になるように詰めます。




oshirase20120801-4.jpg


長野県産カリフラワーです。




oshirase20120801-4jpg.jpg二人がかりで細かく切ります。




oshirase20120801-9.jpg

新潟県産のなんきん(南瓜)です。




oshirase20120801-10.jpg
南瓜カッターで切ります。





oshirase20120801-12.jpg出来るだけ細かく切るので時間がかかります。マリネリ容器に隙間なく詰めたら、ゲルマニウム半導体検出器で測定します。





コープこうべでは、毎週検査結果を店舗の掲示板やコープこうべホームページでお知らせしています。
コープこうべの放射性物質検査の取り組みについてはこちらから