お知らせ 商品検査センターからのお知らせです。

放射性物質検査結果について 9月5日

8月27日~8月31日に、検査した品目はすべて「検出せず」という結果です

残暑は厳しいですが、秋の実りの新米や福島県産の幸水梨が入荷します。事前検査を実施しました。
ジュース類は原料となるトマトなどの収穫年度が切り替わるため、検査を行っています。
お問い合わせの多い味噌、牛乳、ヨーグルトについても検査しています。

検査結果はこちらから
※検査結果は随時最新版に更新されます。
※検査は、対象とする食品のなかから一部のサンプルを抜き取って実施しています
※検査項目:放射性セシウム134・137
※「検出せず」とは、「量の測定が可能な最小値を下回っている」ことをあらわします
※検出限界:放射性セシウム134・137それぞれについて、飲料水1ベクレル/kg、牛乳5ベクレル/kg、乳児用食品5ベクレル/kg、一般食品10ベクレル/kg
※検査方法
Ge:ゲルマニウム半導体検出器。厚生労働省の「食品中の放射性セシウム試験法」に基づくゲルマニウム半導体検出器を使用した検査法
Nal:Nalシンチレーション検出器。厚生労働省の「食品中の放射性セシウムスクリーニング法」に基づくNalシンチレーションスペクトロメータを使用







oshirase20120905-1.jpg新米の検査を随時進めています。兵庫県産ハナエチゼンをゲルマニウム半導体検出器に入れて測定します。




oshirase20120905-2.jpg千葉県産のミニトマト。4等分にカットします。




oshirase20120905-3.jpg2Lのマリネリ容器に詰めます。




oshirase20120905-4jpg.jpg南部せんべいや玄米フレークなど菓子類の検査も実施しました。



oshirase20120905-5.jpgコープス・フードプランのぶりです。フードプロセッサーにかけたものを均一になるように容器に詰めます。



ゲルマニウム半導体検出器とNaIシンチレーション検出器についてはこちらから





コープこうべでは、毎週検査結果を店舗の掲示板やコープこうべホームページでお知らせしています。
コープこうべの放射性物質検査の取り組みについてはこちらから