• 家電・住居用品
A A

ダニアレルゲンの汚染度合を調べたところ、非常に汚染されていました

お申し出品の布団の表面のダニアレルゲンの汚染度合を調べたところ、非常に汚染されていることがわかりました。「かまれた」という状況などから、刺してかゆみを与える「ツメダニ類」による被害であると考えられました。

布団を購入されてからすぐに被害に遭った訳ではなく、しばらく使用されてからのお申し出であったため、家庭内にすでにいたチリダニ類が布団で増殖し、さらにそのチリダニをエサとするツメダニ類が寄って来て、被害をもたらしたものであると考えられました。
以前は、このようなダニの被害は、梅雨時や夏場のものとされてきましたが、エアコンや暖房器具が普及し、住宅の保温性や気密性が高くなった現在、年間を通して発生するようになってきています。ほとんどのダニは気温25℃、湿度60?80%の環境を好むため、現代の住環境はダニにとっても好適と言えます。
ダニを完全にゼロにしてしまうことは難しいですが、定期的な掃除や洗濯、室内の温度や湿度のコントロールを継続することで、ダニの住みにくい環境を作り、繁殖を予防することができます。
駆除剤などの薬剤に頼る前に、以下の方法でダニの被害を防ぎましょう。

ダニを防ぐポイント!
こまめに掃除機をかけて、ダニやそのエサとなるホコリやゴミを取り除きましょう。
洗濯が可能なものは定期的に洗濯をしたり、クリーニングに出したりしましょう。
換気をして室内の空気の流れを良くして、室内の温度や湿度を下げましょう。
布団は定期的に日干ししたり、布団乾燥機を使って湿気を取り除きましょう。
また、ダニ以外にも家庭内での様々な虫による被害も通年のものになってきておりますので、当センター発行の「くろまと Vol.30」(3?4ページ)も参考にしてください。

お申し出品の布団の表面のダニアレルゲンの汚染度合を調べたところ、非常に汚染されていることがわかりました。「かまれた」という状況などから、刺してかゆみを与える「ツメダニ類」による被害であると考えられました。

布団を購入されてからすぐに被害に遭った訳ではなく、しばらく使用されてからのお申し出であったため、家庭内にすでにいたチリダニ類が布団で増殖し、さらにそのチリダニをエサとするツメダニ類が寄って来て、被害をもたらしたものであると考えられました。
以前は、このようなダニの被害は、梅雨時や夏場のものとされてきましたが、エアコンや暖房器具が普及し、住宅の保温性や気密性が高くなった現在、年間を通して発生するようになってきています。ほとんどのダニは気温25℃、湿度60?80%の環境を好むため、現代の住環境はダニにとっても好適と言えます。
ダニを完全にゼロにしてしまうことは難しいですが、定期的な掃除や洗濯、室内の温度や湿度のコントロールを継続することで、ダニの住みにくい環境を作り、繁殖を予防することができます。
駆除剤などの薬剤に頼る前に、以下の方法でダニの被害を防ぎましょう。

ダニを防ぐポイント!
こまめに掃除機をかけて、ダニやそのエサとなるホコリやゴミを取り除きましょう。
洗濯が可能なものは定期的に洗濯をしたり、クリーニングに出したりしましょう。
換気をして室内の空気の流れを良くして、室内の温度や湿度を下げましょう。
布団は定期的に日干ししたり、布団乾燥機を使って湿気を取り除きましょう。
また、ダニ以外にも家庭内での様々な虫による被害も通年のものになってきておりますので、当センター発行の「くろまと Vol.30」(3?4ページ)も参考にしてください。

  • slider slider
    このようにして、布団や畳などのダニアレルゲンを採取します。
  • slider slider
    現れた2本の線の濃さでダニアレルゲンの汚染度を判定します。
  • slider slider
    ワンちゃんやネコちゃんのダニの被害も増えていますので、気をつけましょう。
  • slider
  • slider
  • slider