button menu button menu
商品検査センター

icon icon Q Q 缶詰のミカンの皮は塩酸で溶かしていると聞いたが、安全性に問題はないのか?

  • 缶詰・瓶詰・調味料
  • 商品知識
A A

中和し、残留のないことを確認しています

ミカンの袋(内果皮)は塩酸とカセイソーダ(水酸化ナトリウム)を使ってを溶かしています。塩酸と聞くと怖いと思われるかもしれませんが、私たちの体の中にある胃酸の成分も塩酸です。
塩酸は極めて薄いもの(0.5%)を使用し、中和剤としてカセイソーダ(0.2%)につけ、水洗いして水にさらし、残留しないようにしています。
加工後も果肉のpH検査をして果肉に残っていないことを確認しています。

ミカンの袋(内果皮)は塩酸とカセイソーダ(水酸化ナトリウム)を使ってを溶かしています。塩酸と聞くと怖いと思われるかもしれませんが、私たちの体の中にある胃酸の成分も塩酸です。 塩酸は極めて薄いもの(0.5%)を使用し、中和剤としてカセイソーダ(0.2%)につけ、水洗いして水にさらし、残留しないようにしています。 加工後も果肉のpH検査をして果肉に残っていないことを確認しています。