button menu button menu
商品検査センター

icon icon Q Q 詰め替え商品に注意!

  • 洗剤・ペーパー類・化粧品・衛生用品など
  • 商品知識
A A

送付されたお申し出品を調査したところ、中身は本体容器に表示された商品とは異なる、他メーカー製の洗剤であることがわかりました。

プラスチックごみを削減する取り組みとして、洗剤やシャンプー・リンス等の「詰替用」商品が登場してから久しく、すっかり生活の中に溶け込んだ感があります。
しかし、時々上記のような「中身の臭いがいつもと違う」「中身がいつもと違い、変質しているようだ」とのお申し出も寄せられるようになりました。調査してみると、原因は、本体に記載された商品名と中身とが異なるから、すなわち「入れ間違い」というケースが多いです。
この時、容器を洗浄して前に入っていた商品の成分が残っていなければよいのですが、残っていた場合、異なる商品が混合してしまうことになり、変質してしまうことがあります。
また、塩素系の漂白剤と酸性の洗剤を混ぜると塩素ガスが発生し、大変危険です。そこまでは至らなくとも、異なる商品を混ぜることで予想外の反応が起こることがあります。
詰め替える際には、同じ商品の本体容器に詰替えましょう。

送付されたお申し出品を調査したところ、中身は本体容器に表示された商品とは異なる、他メーカー製の洗剤であることがわかりました。

プラスチックごみを削減する取り組みとして、洗剤やシャンプー・リンス等の「詰替用」商品が登場してから久しく、すっかり生活の中に溶け込んだ感があります。
しかし、時々上記のような「中身の臭いがいつもと違う」「中身がいつもと違い、変質しているようだ」とのお申し出も寄せられるようになりました。調査してみると、原因は、本体に記載された商品名と中身とが異なるから、すなわち「入れ間違い」というケースが多いです。
この時、容器を洗浄して前に入っていた商品の成分が残っていなければよいのですが、残っていた場合、異なる商品が混合してしまうことになり、変質してしまうことがあります。
また、塩素系の漂白剤と酸性の洗剤を混ぜると塩素ガスが発生し、大変危険です。そこまでは至らなくとも、異なる商品を混ぜることで予想外の反応が起こることがあります。
詰め替える際には、同じ商品の本体容器に詰替えましょう。

  • slider slider
    切っても切れぬペアです。
  • slider slider
    塩素系漂白剤の注意表示です
  • slider slider
    同上
  • slider
  • slider
  • slider