• 洗剤・ペーパー類・化粧品・衛生用品など
  • 腐敗・カビ
A A

カビは、食べ物だけでなく、家庭用品にも生えます。保管場所に注意しましょう。

お申し出品を確認したところ、外箱にも中身のペーパーにもカビが生えていることがわかりました。 組合員さんはお申し出品をケースで購入され、物置きの中にダンボール箱ごと半年以上収納されていたとのことでした。 カビは、食べ物だけでなく、家具や寝具、衣類などにも生えます。 カビにとって好適な環境は湿度(80%以上)や温度(25?30℃)と言われており、そこに酸素や栄養分(素材そのものや汚れ等)という条件が整えば、どんどん生育・繁殖します。 今回のケースは、湿度の高い梅雨時期から夏期にかけてダンボールが湿気を吸収し、ケースの中が多湿状態になっているところへ、更に中身のティシューも保湿成分(グリセリン・ソルビット)を含むために吸湿し、カビが生え易い状況になったものと思われます。 紙製品や木製品、竹製品などはカビの被害にあいやすいですので、換気するなどして風通しをよくした場所に保管しましょう。 汚れた衣類やタオル等の繊維製品もカビが生えやすいので、速やかに洗濯して乾燥させませよう。 また、布団のカビのお申し出も多い傾向ですので、時々干して乾燥させましょう。
お申し出品を確認したところ、外箱にも中身のペーパーにもカビが生えていることがわかりました。 組合員さんはお申し出品をケースで購入され、物置きの中にダンボール箱ごと半年以上収納されていたとのことでした。 カビは、食べ物だけでなく、家具や寝具、衣類などにも生えます。 カビにとって好適な環境は湿度(80%以上)や温度(25?30℃)と言われており、そこに酸素や栄養分(素材そのものや汚れ等)という条件が整えば、どんどん生育・繁殖します。 今回のケースは、湿度の高い梅雨時期から夏期にかけてダンボールが湿気を吸収し、ケースの中が多湿状態になっているところへ、更に中身のティシューも保湿成分(グリセリン・ソルビット)を含むために吸湿し、カビが生え易い状況になったものと思われます。 紙製品や木製品、竹製品などはカビの被害にあいやすいですので、換気するなどして風通しをよくした場所に保管しましょう。 汚れた衣類やタオル等の繊維製品もカビが生えやすいので、速やかに洗濯して乾燥させませよう。 また、布団のカビのお申し出も多い傾向ですので、時々干して乾燥させましょう。
  • slider slider
    外箱にカビが生えています
  • slider slider
    中身のペーパーにもカビが・・・
  • slider slider
    未使用の竹製のおろし器にも・・・
  • slider
  • slider
  • slider