• 洗剤・ペーパー類・化粧品・衛生用品など
  • 商品知識
A A

衣替えの季節、お気に入りの衣類を衣類害虫の被害から守るためには、防虫剤が有効です。

防虫剤は大きく分けてパラジクロロベンゼンのようなニオイで虫を寄せ付けないタイプと、ピレスロイド系等のニオイのないタイプとがあります。どちらも有効成分のガスは空気より重いので、衣類の上に置いて使用するのが効果的です。
また、どの防虫剤もご家庭で通常使用される量では安全性に問題はありませんが、防虫剤の成分が大量に衣類に残ったり空気中に飛散することは好ましくありません。より安心してお使いいただくために、以下の点にご注意ください。
1.防虫剤に表示された「標準使用量」を守りましょう。多く使っても防虫効果が増すわけではありません。
2.防虫剤の入った収納容器を開ける時には、窓を開けて十分に換気をしましょう。
3.収納容器はできるだけ密閉できるものを選びましょう。また、タンスに使用される場合は、扉や引き出しをきちんと閉めましょう。
4.防虫剤を使用して保管した衣類は、風通しのよい換気をした場所に半日以上干して、防虫剤の成分を十分にとばしてから着用しましょう。
その他、収納したい物の材質によっては、その防虫剤が使用できない場合があります。例えば、パラジクロロベンゼン製剤の防虫剤は、塩化ビニール製のバッグやスチレン製やアクリル製の部品やアクセサリーを溶かすことがあります。
また、異なる防虫剤を混ぜて使用すると、溶けて衣類にシミを残すこともあります。
防虫剤を使用される前には、注意表示を確認しましょう。

衣替えの季節、お気に入りの衣類を衣類害虫の被害から守るためには、防虫剤が有効です。

防虫剤は大きく分けてパラジクロロベンゼンのようなニオイで虫を寄せ付けないタイプと、ピレスロイド系等のニオイのないタイプとがあります。どちらも有効成分のガスは空気より重いので、衣類の上に置いて使用するのが効果的です。
また、どの防虫剤もご家庭で通常使用される量では安全性に問題はありませんが、防虫剤の成分が大量に衣類に残ったり空気中に飛散することは好ましくありません。より安心してお使いいただくために、以下の点にご注意ください。
1.防虫剤に表示された「標準使用量」を守りましょう。多く使っても防虫効果が増すわけではありません。
2.防虫剤の入った収納容器を開ける時には、窓を開けて十分に換気をしましょう。
3.収納容器はできるだけ密閉できるものを選びましょう。また、タンスに使用される場合は、扉や引き出しをきちんと閉めましょう。
4.防虫剤を使用して保管した衣類は、風通しのよい換気をした場所に半日以上干して、防虫剤の成分を十分にとばしてから着用しましょう。
その他、収納したい物の材質によっては、その防虫剤が使用できない場合があります。例えば、パラジクロロベンゼン製剤の防虫剤は、塩化ビニール製のバッグやスチレン製やアクリル製の部品やアクセサリーを溶かすことがあります。
また、異なる防虫剤を混ぜて使用すると、溶けて衣類にシミを残すこともあります。
防虫剤を使用される前には、注意表示を確認しましょう。

  • slider slider
    防虫剤は上に置きましょう。