• 肉・卵
  • 変色
A A

卵の成分である「カラザ」と呼ばれるものです

黄身の表面の白いものはカラザと呼ばれるものの一部です。
「カラザ」はたまごを割ったとき、黄身に白いひも状のものが付いている部分のもので、卵黄をハンモックのように、たまごの真ん中に吊り下げる役目をしています。

卵黄の一番外側の薄い膜を「カラザ層」といい、これがハンモックの網の部分になります。
つまり、ひも状の「カラザ」は、ハンモックのひもになる訳で、鈍端部(たまごの丸い方)は、カラザは2本が左巻きにねじれて糸状になり、鋭端部(たまごの尖った方)では1本が右巻きにねじれています。
「カラザ」を取り除いて食べる人もいますが、カラザの成分は主にタンパク質です。そのまま食べた方が栄養的には良いとされています。

黄身の表面の白いものはカラザと呼ばれるものの一部です。 「カラザ」はたまごを割ったとき、黄身に白いひも状のものが付いている部分のもので、卵黄をハンモックのように、たまごの真ん中に吊り下げる役目をしています。 卵黄の一番外側の薄い膜を「カラザ層」といい、これがハンモックの網の部分になります。 つまり、ひも状の「カラザ」は、ハンモックのひもになる訳で、鈍端部(たまごの丸い方)は、カラザは2本が左巻きにねじれて糸状になり、鋭端部(たまごの尖った方)では1本が右巻きにねじれています。 「カラザ」を取り除いて食べる人もいますが、カラザの成分は主にタンパク質です。そのまま食べた方が栄養的には良いとされています。
  • slider slider
    黄身に白いものがついている