button menu button menu
商品検査センター

icon icon Q Q ゼリーなどに使用されている『キサンタンガム』や『ローカストビーンガム』とはどのようなものか?

  • その他
  • 商品知識
A A

粘り気のある多糖類の一種です

ローカストビーンガムは、乾燥した気温の高い地域に生育する樹の種子の胚乳部分から製造されています。
キサンタンガムはキサントモナスという微生物から製造されています。
どちらも粘り気のある「多糖類」で、食品をゼリー状に固めるために使われ、「増粘多糖類」や「増粘剤」とよばれます。法律では、植物の種子や微生物からとったものを複数、「増粘剤」として使った場合には「増粘多糖類」の表示で、それぞれの名称は省略できることになっています。  

ローカストビーンガムは、乾燥した気温の高い地域に生育する樹の種子の胚乳部分から製造されています。 キサンタンガムはキサントモナスという微生物から製造されています。 どちらも粘り気のある「多糖類」で、食品をゼリー状に固めるために使われ、「増粘多糖類」や「増粘剤」とよばれます。法律では、植物の種子や微生物からとったものを複数、「増粘剤」として使った場合には「増粘多糖類」の表示で、それぞれの名称は省略できることになっています。