button menu button menu
商品検査センター

icon icon Q Q 未開封の饅頭がカビだらけだった

  • 商品Q&A
  • 腐敗・カビ
A A

包材のシール不良が原因です

未開封の饅頭を開封したところ、カビだらけの状態にありました。
当該商品は常温保管品で、賞味期間は製造日を含めて30日です。
脱酸素剤を封入することで包材内の酸素を無くし、カビの発生を抑えて日持ちを長くしています。
包材を調べたところ、シール不良が確認されました。
この度の件は、シール不良により包材内に空気(酸素)が流入したために、カビが増殖して目に見える大きさにまで生長したためでした。
脱酸素剤を使った商品は、開封すると無酸素状態を保てなくなるため、商品劣化が進んでしまいます。
開封後はなるべく早くに召し上がるようにしてください。

未開封の饅頭を開封したところ、カビだらけの状態にありました。 当該商品は常温保管品で、賞味期間は製造日を含めて30日です。 脱酸素剤を封入することで包材内の酸素を無くし、カビの発生を抑えて日持ちを長くしています。 包材を調べたところ、シール不良が確認されました。 この度の件は、シール不良により包材内に空気(酸素)が流入したために、カビが増殖して目に見える大きさにまで生長したためでした。 脱酸素剤を使った商品は、開封すると無酸素状態を保てなくなるため、商品劣化が進んでしまいます。 開封後はなるべく早くに召し上がるようにしてください。
  • slider slider
    カビの生えたまんじゅう
  • slider slider
    脱酸素剤
  • slider
  • slider