商品Q&A 寄せられる組合員からのお問い合わせやご意見・ご相談の中から、特に多いものをご紹介します。

衣料・服飾雑貨

Q12

「セーターを脱ぐ時、静電気が起こります!」

商品知識
Check

セーターを脱ぐと、静電気でパチパチして不快です。

A

空気が乾燥する冬場は、静電気によるパチパチ・ピリピリ感で不快に感じることが多くなると思います。

衣服や靴などは、こすったり、脱ぎ着する時に電気を帯びる性質があります。その電気は湿気等により通常はすぐに空気中に逃がされてしまうのですが、非常に乾燥した環境の中では逃げ場を失い、溜まった状態になります。車から降りる時や、ドアノブに手をかけた時などに「バチッ」としたショックを感じるのは、体や衣服などに溜まった静電気が指先から一気に放電するからなのです。


一般に、湿度が同じという条件であれば、綿やレーヨン等の吸湿性の高い繊維ほど静電気は生じにくく、アクリルやポリエステル等の吸湿性の低い繊維は静電気が発生・蓄積しやすくなります。ただし、静電気の発生は繊維の吸湿性だけでなく、生地表面の凹凸や加工剤の有無にも影響されます。
最近は静電気の発生を抑える加工を施した商品が出回っていますが、使用や洗濯等により効果が落ちる商品もありますので、注意表示を確認して取り扱って下さい。

その他、ご家庭でできる静電気対策としては
1.洗濯の仕上げに衣料用柔軟剤を使う
2.室内の湿度を乾燥しないように調整する(カビやダニ を増やさないよう50~60%を目安に)
などが挙げられます。

ドアノブは「バチッ」と静電気が起こりやすい所です。
ドアノブは「バチッ」と静電気が起こりやすい所です。