button menu button menu
商品検査センター

icon icon Q Q お米のおいしい炊き方

  • 米・麺類・穀類
  • 商品知識
A A

すすぎを手早くし、吸水と蒸らしを十分に

(1)お米をとぐときに一番大切なことは、すすぎを手早くすることです。ゆっくりとといでいると、水に溶けたヌカがお米についてヌカ臭いご飯になってしまいます。

(2)といだ後、すぐに炊飯すると少し硬めのご飯になってしまいます。ご飯をおいしくふっくら炊くには、冬場なら1~2時間,夏場でも30分以上は吸水させ、お米の芯までじゅうぶんに水を浸透させましょう。季節によって水温や気温に差があるので、浸水時間を加減しましょう。

(3)炊飯器のスイッチが切れても、炊飯器内の米粒の水分は不均衡なので、10~15分程度はそのままにして、米粒間の水分を均衡させることが大切です。二度炊きで保温もできる炊飯器なら、自動で蒸らしてくれますが、一度炊きの炊飯器なら、すぐにふたを取らずに蒸らすことが重要なのです。炊飯器の中のごはんは、場所によっておいしさに多少ムラができていますので、混ぜて味を均一化しましょう。混ぜることによってごはんの余分な水分もとびます。

(1)お米をとぐときに一番大切なことは、すすぎを手早くすることです。ゆっくりとといでいると、水に溶けたヌカがお米についてヌカ臭いご飯になってしまいます。

(2)といだ後、すぐに炊飯すると少し硬めのご飯になってしまいます。ご飯をおいしくふっくら炊くには、冬場なら1?2時間,夏場でも30分以上は吸水させ、お米の芯までじゅうぶんに水を浸透させましょう。季節によって水温や気温に差があるので、浸水時間を加減しましょう。

(3)炊飯器のスイッチが切れても、炊飯器内の米粒の水分は不均衡なので、10?15分程度はそのままにして、米粒間の水分を均衡させることが大切です。二度炊きで保温もできる炊飯器なら、自動で蒸らしてくれますが、一度炊きの炊飯器なら、すぐにふたを取らずに蒸らすことが重要なのです。炊飯器の中のごはんは、場所によっておいしさに多少ムラができていますので、混ぜて味を均一化しましょう。混ぜることによってごはんの余分な水分もとびます。