button menu button menu
商品検査センター   商品検査センター

icon icon Q Q ペットボトル飲料を少量飲み、置いておいたら内容液が黄色く変色した。

  • 牛乳・乳製品・飲料
  • 変色
A A

開栓後に、薬、サプリメント等が混入・溶解したことによって変色した可能性が考えられます。

内容液を観察したところ、液色は商品本来の色とは違い、黄色で、顆粒状の沈殿物が多数認められました。

組合員から申告いただいた、薬および飲料の飲用状況から、薬を口に入れた後ペットボトルに直接口をつけて飲んだため、うまく飲み込めなかった薬がボトル内に流れ込み、薬が溶解し、飲料が変色したものと考えられました。

薬を服用する際は、コップの飲料で飲むことをお勧めいたします。コップが無く、ぺットボトル飲料から直接飲む場合は、薬のボトル内への流れ込みにご注意ください。

なお、ペットボトルを直接、口飲みすると、口の中の食べかす(薬なども)が逆流して中に入ってしまうことがあるため、できるだけ早く飲み切ることをお勧めします。

内容液を観察したところ、液色は商品本来の色とは違い、黄色で、顆粒状の沈殿物が多数認められました。 組合員から申告いただいた、薬および飲料の飲用状況から、薬を口に入れた後ペットボトルに直接口をつけて飲んだため、うまく飲み込めなかった薬がボトル内に流れ込み、薬が溶解し、飲料が変色したものと考えられました。 薬を服用する際は、コップの飲料で飲むことをお勧めいたします。コップが無く、ぺットボトル飲料から直接飲む場合は、薬のボトル内への流れ込みにご注意ください。 なお、ペットボトルを直接、口飲みすると、口の中の食べかす(薬なども)が逆流して中に入ってしまうことがあるため、できるだけ早く飲み切ることをお勧めします。
  • slider slider
  • slider slider
  • slider
  • slider