button menu button menu
商品検査センター   商品検査センター

icon icon Q Q 蛍光灯ランプを取り付けたところ、点灯せず、よく見たら管の端が黒くなっていた。

  • 商品Q&A
  • 変色
A A

点灯試験では正常に点灯しました。また、管端の黒化は、初期点灯黒化によるものです。

点灯確認しましたところ、正常に点灯し、ランプ電流、電圧、電流、光の量などについてもすべて規格内で異常はありませんでした。
管端の黒化現象は黒化の進行などの異常はありませんでした。
取り付け直後に点灯しない原因は、以下のようなことが考えられます。
①ワット数の異なる蛍光灯ランプを装着した場合
②照明器具と蛍光灯ランプの取り付けが不十分なまま点灯した場合
③照明器具が経年劣化による寿命、又は何らかの不具合がある場合
また、新品のランプを初めて点灯した直後に管端が黒くなるのは、電子放出物質(電極部フィラメントに予め塗布されている物質)が点灯に伴い飛散し、ランプのガラス管の内面に付着したものが外観上黒く見えたことが原因です。点灯を続けると温度の上昇によって付着したものが管内で蒸発し、黒化は消えます。

点灯確認しましたところ、正常に点灯し、ランプ電流、電圧、電流、光の量などについてもすべて規格内で異常はありませんでした。 管端の黒化現象は黒化の進行などの異常はありませんでした。 取り付け直後に点灯しない原因は、以下のようなことが考えられます。 ①ワット数の異なる蛍光灯ランプを装着した場合 ②照明器具と蛍光灯ランプの取り付けが不十分なまま点灯した場合 ③照明器具が経年劣化による寿命、又は何らかの不具合がある場合 また、新品のランプを初めて点灯した直後に管端が黒くなるのは、電子放出物質(電極部フィラメントに予め塗布されている物質)が点灯に伴い飛散し、ランプのガラス管の内面に付着したものが外観上黒く見えたことが原因です。点灯を続けると温度の上昇によって付着したものが管内で蒸発し、黒化は消えます。
  • slider slider
  • slider