商品検査センターは、1967年に神戸市東灘区住吉本町に開設。1983年に東灘区岡本に移転して規模を拡大し、2004年に現在の東灘区田中町の生活文化センターに再移転して現在に至っています

1967年 全国の生協に先駆けて、商品検査室を開設
1969年 食品添加物検査を開始。
生産事業部うどんの過酸化水素検査開始、使用中止
1970年 県下の民間施設として初めてガスクロマトグラフを導入、
残留農薬検査を開始
1971年 繊維製品検査を開始
1972年 PCB検査を開始
1973年 コープ無着色たらこ、
無漂白かんぴょう開発
history history
1974年 全商品から殺菌料AF2排除
1975年 防かび剤OPP検査開始、
取扱い中止。衣料のホルマリン移染調査実施
1976年 カナギチリメンから青色1号を検出、取扱い中止
1978年 全国で初めてパン生地改良剤(臭素酸カリウム)抜きの食パンを開発
1979年 賞味期間の自主基準を作成。
栄養表示の自主基準を作成
1981年 『転ばぬ先のカルシウム』発行
history history
1983年 東灘区岡本に移転し、名称を『商品検査センター』に
1984年 組合員テストを開始
1985年 官能検査を開始
1988年 「くろまと」1号発行。
放射性物質検査を開始
1995年 阪神淡路大震災で半壊
1996年 O157検査を開始
history history
2004年 東灘区田中町に移転
2007年 アレルゲン検査を開始
2008年 中国製冷凍餃子事件発生
2011年 東日本大震災発生。
放射性物質検査を再開
2012年 生カキのノロウイルス検査を開始
2017年 開設50周年。日本記念日協会より、10月1日が「商品検査の日」として認定される
history history