button menu button menu
商品検査センター

icon icon Q Q パックの牛肉が、中は黒っぽいのに表面がきれいな赤色をしている

  • 肉・卵
  • 変色
A A

牛肉本来の色は黒みがかった赤色で、空気に触れるときれいな色になります。

牛肉には「ミオグロビン」という色素タンパク質が含まれているため、黒みがかった赤色になります。この「ミオグロビン」には鉄分が含まれ、空気中の酸素に触れると発色する性質があります。
そのため牛肉の表面は明るい赤色になります。

牛肉には「ミオグロビン」という色素タンパク質が含まれているため、黒みがかった赤色になります。この「ミオグロビン」には鉄分が含まれ、空気中の酸素に触れると発色する性質があります。 そのため牛肉の表面は明るい赤色になります。